遅すぎるDreamhostからさくらのレンタルサーバに移行した話

blogimage_20131030

このブログやらiPhoneアプリのサポートサイトは
今までDreamhostというレンタルサーバに乗ってました。

しかしこのDreamhostレンタルサーバプランだと
常日頃からめちゃくちゃ重い。

SSHでの操作はもちろん、
普通にブログ記事を見るのも重すぎる。
拠点がアメリカなのでレイテンシみたいな
こともあるかもしれないけど、
おそらくユーザを相乗りさせ過ぎてるんだろう。
uptimeとかやると数値が常に高いし。

ずーっと前にDreamhostが湧いたことがあって
なんか安いし、転送量無制限だし、SSH使えるし、で。
俺も御多分に洩れず、盛り上がって
海外鯖だしなんかカッケーってんで入っちまったんス。

加入時にドメインもDreamhost経由で取得できて
毎年年会費と一緒にドメインの延長もして…って感じ。
このドメイン絡みが面倒だった。
これで移行を躊躇してたようなもん。
戦略だったんだな、きっと。

サーバがDreamhostで
ドメインの管理もDreamhostで
ドメインのネームサーバもDreamhost向いててって状況。

一応今後のことも考えて、Dreamhostなんて
めちゃ重いのは解約してしまって、
さくらのレンタルサーバに乗せることにした。
その方が安いし。

Dreamhostを解約して、他に移すには

  1. ドメインをDreamhostから引き上げ、別のサービスに乗せる
  2. 別のレンタルサーバを借りて、ドメインの設定をする
  3. ファイルを新しいサーバに移動して、動作確認する
  4. 問題なければ別のサービスに乗せ換えたドメインのネームサーバをレンサバにする

これらが必要。

面倒なだけで、難しくはないんだけど
仕事でもなく個人でやるのは少し腰が重くなる。

ドメインを別のサービスに載せ替える

今回はお名前.comに乗せました。
俺はあまりドメインなど取らないんだけど、
つい最近取ったドメインがお名前.comで取ったので。

お名前.com側で申請すると、
Dreamhostとやりとりして移管の手続きしてくれて
通常は簡単なんだけど
このブログのドメインは.infoだったので
この手続を開始するためには鍵が必要となる。

DreamhostコンパネのReg.Transferから
ドメインの横に鍵を表示みたいなのがあるから
ポチッとしてコピー。

そして、Dreamhostのドメイン管理だと
デフォルトでユーザーの連絡先がWhoisに公開されてない。
これだと確認のメールが受信できなくて
移管ができないので、
DreamhostのコンパネからWhoisを更新する。
ユーザーの連絡先を公開する、みたいな
チェックボックスを入れるだけ。

別のレンタルサーバにドメインの設定をする

今回はさくらのレンタルサーバを借りました。
ドメイン設定のところに
今まで乗ってたドメインを全部入れます。
サブドメインも。

ファイル移行&動作確認

旧サーバからファイルを丸ごと持ってくる。
ブログはWordPressなので、
phpMyAdminからデータベースのバックアップを取って
そのまま入れるだけ。すんなり入る。多分。

確認はhostファイルを書き換えてやりました。
C:\Windows\System32\drivers\etc にあるアレです。
Windows7でここイジったことなかったんだけど
普通に秀丸で開いたら保存できませんでした。
なのでメモ帳を管理者で実行して
ファイル→開くからhostsを開いてドメインを設定しました。

ドメインのネームサーバを変更

確認が終わったら、お名前.comに行って
ドメインのネームサーバをさくらに向けます。

ドメインを移管すると、移管元の情報を取ってきて
デフォルトで設定するので、
ネームサーバは何もしなければDreamhostに
向いた状態になっている。

これでサブドメインもサクっと機能しました。


とりあえず、移行自体はこれでおしまい。
今も普通に動いています。
すごく早く感じるなあ。

他にもWordPressのテーマを変えて
すこしイジったりもしたので、その辺もおいおい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>