パンクの修理

自転車がパンクしたから
買ったところで修理してもらおうと
思ったんだけど
お盆休みでムリだった。

しょうがないから
近所のサイクルベースあさひに行くか
と思って、持って行くと
ちょっと見て、
「あー、これタイヤけっこう劣化してるから
チューブとタイヤを交換したほうがいいですよ」

とか言われた。
値段を聞くと3000円超える。
普通にパンクの修理できませんか?と言うと
「できるんですけど、タイヤがこれだと
またすぐにパンクしますよ」

とか言われて、全とっかえをかなり勧めてきた。

まずね、勧め方がなんか怪しくてカチンときた。
店員がパンクしたタイヤをグーっと押したら
まぁたしかにヒビが浮き出てるようで
それを強調すれば、劣化していると言えるかもしれない。
ヒビなんか入ったタイヤで走れないよ、
という自転車が好きな人もいるかもしれない。
常識かもしれない。
でもさ、自転車買ってから1年すよ。
1年毎にタイヤ買い換えるの嫌だなぁとか
思うじゃないですか。
もうしばらくダマシダマシ乗って
何回目かのパンクの修理で、
全とっかえとかならまだ納得もできるけど。

あまりに強引に勧めてきたので
あさひに頼むの結局やめました。
お盆休みが明けるのを待って、
今日持ってきました。
修理してもらって500円。

あさひも超大手自転車チェーンだから
きっとマニュアルもガッチガチなんでしょうね。
友達にカー用品店で働いてるやつがいたんだけど
こういう勧め方、似てるんだよね。
たとえば車のバッテリーにノルマがあって
1日に何個か交換してもらわないといけない
バッテリーの電圧を測る機械を細工して
若干低く表示されるようにして
「あらー、お客さん、バッテリー、これちょっと限界すよ」
なんて言って交換を促す。
こういうやり方にそっくりだったから
あ、これマニュアルだわ。と思ってやめた。

自転車は街のしっかりした自転車屋で買って
修理も買った所で頼むのが良いかもね。
どの街にもチェーンでもなく、
場末のやる気ない自転車屋でもなく
昔ながらの自転車好きのオッサンがやってるような
店があると思うから探すといいよね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>